健康法の最近のブログ記事

多汗症の対策

user-pic
0

生活に支障が出るほどの多汗症には治療法があります。
就寝前に塗り薬を塗るという治療法があります。寝る前に塗るのは就寝前だと発汗がないために薬の作用を効果的に効かせることが出来ます。

他には飲み薬や、水につけた発汗箇所に電流を流すイオントフォレーシス療法があります。
手術という方法もありますが、副作用から他の部位から発汗を行う代償性発汗というものも起きるようです。
そのため、手術は重度の場合のみ行われます。

腋窩多汗症にはボツリヌス療法があります。
脇の下に注射をして薬を直接中に入れます。

色々と対処療法があり、悩みを抱えるひとの中には鬱状態になってしまう人もいるため、早めに医師に相談すると良いでしょう。

寒冷の中の散歩をしてきました。 外の気温は0度 日中でも気温は上がりません。
今日の外套はいつもの薄いのではダメだなと思ってスキーのウエアーを出してきました。

さすがに薄くてもまったく風を通さない構造になっています。
そして汗は逃がすような不思議な構造です。 それを着込んで首にマフラーを巻き手袋はヒートテックの新素材です。
散歩するとやはり寒いのは手で毛糸は案外寒くて冷たくなるのです。 すなわち風が編み目の隙間を通るからこまります。
それで探していると新素材のヒートテックで編んだ手袋です。
これをはめて意気揚々と出かけました そうすると寒くないのです。
物凄く寒風が寒いはずなのに中まで浸透してきません。
30分歩くと自分の熱でほかほかしてきました。

腹式呼吸

user-pic
0

最近、気付いたら意識的に腹式呼吸をする様にしています。

頭がスーっとしてリラックス効果もある上に、お腹の筋肉を使うのでお腹周り、腰周りの筋肉を無理少しずつ鍛えることが出来ます。
その辺の筋肉が弱ると腰痛の原因になったり、腰痛が悪化したりしますしね。

あとは周辺の脂肪燃焼にも役立っている様な気がします。
しばらく続けることで、お腹周りがスッキリしてきた様な気がしますし。

もうちょっと継続して頑張ってみようかと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち健康法カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは季節です。

次のカテゴリは肩凝りです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。