原発爆発と海外の誤解

user-pic
0
原子炉そのものは30mくらいの高さで そのうち15mが地下にもぐっているそうです。 地上にはこの15m部分と上のクレーン建て屋部分15mの30mがビルとなって出ています。 
すなわち地下から約45mの建物だと思います。 数値は確認したわけではないのでイメージです。
中国など海外では建て屋の爆発が大きく報道されています。 すなわち原子炉爆発と中国人やその他国民は思っています。
素人はみんなそう思います。
私も誤解していました 45mのうち上部15mが吹き飛んだのです。 この部分は空です。
これが海外が誤解している様です。 落ち着いたら45m断面を公開して誤解を解かないと輸出に支障が出てしまいそうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karen.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/61

コメントする

このブログ記事について

このページは、karenが2011年3月20日 10:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「計画停電」です。

次のブログ記事は「黒豆効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。