腰痛や肩凝りに悩む方の為に

TOP > 肩凝りについて > 肩凝りになりやすい体型

肩凝りになりやすい体型

○猫背の人

いつも背中が丸まってた状態の人は、頭が前に出ているため、とても重たい頭を支えようと常に筋肉が緊張している状態となってしまいます。
その為、姿勢のいい人に比べて、首や肩の筋肉に負担がかかりやすく、肩がこりやすいといえます。


○なで肩

肩が下がっているなで肩の人は、肩の傾斜が大きく、肩や首の筋肉に多くの負担がかかってしまいます。
また、腕を支えるためにかかる負担も大きく、筋肉が緊張した状態が続き、肩こりになりやすいといえます。

なで肩の人の多くは、首や肩の筋肉が発達していないケースが多く、頭や腕を支える僧帽筋があまり発達していません。
そのため、僧帽筋が疲れやすく、肩こりになりやすい場合が多いです。


○肥満

太っている人は、体の中でも比較的重い腕に脂肪がついていて痩せている人より重いため、首や肩の筋肉に負担がかかり、肩こりになりやすくなっています。
また、お腹が前に突き出る様な姿勢になりがちなので、バランスをとるために頭を前方に出す事で、首・肩への負担が大きくなり、肩こりになりやすい様です。
また、体重の割に筋肉量が少ないケースが多く、常に重い体重を支える事で筋肉の緊張状態が続き、肩こりになりやすいといわれています。

 

○やせ型

やせている人は、筋肉量が少ない事が多く、その為、首や肩に大きな負担がかかった場合、細い筋肉にとっては過重負荷となってしまいます。
体重が少ない人でも、頭の重量はそれほど変わらない場合が多いので、頭をささえる首や肩の筋肉が少ないやせている人は、頭を支えている事で筋肉が常時緊張状態となり、肩こりになりやすくなってしまいます。

 

【対策】

体型は肩こりの大きな原因となっている為、体型を改善する事で肩こりが解消するケースも多々あります。
整体やカイロプラクティック に行って、骨格や筋肉のゆがみやずれを矯正してもらう事で肩こりが解消する事もあるので、良い先生を見つけることも解決の近道です。

また、「筋力不足や血行不良」でも説明しましたが、筋力の不足が肩こりの原因となるので、筋力アップのトレーニングも重要になってきます。

 

肩凝り関連情報

筋力不足や血行不良による肩凝り

姿勢の悪さが原因の肩凝り

肩凝りになりやすい体型

眼精疲労による肩こり