腰痛や肩凝りに悩む方の為に

TOP > 腰痛について > 脊椎分離症

脊椎分離症

脊椎分離症とは、椎骨の関節の一部が疲労骨折などにより分離し、腰痛を引き起こしている状態です。
成長期に激しい運動などをしてきた人に多く見られます。

分離した部分が前方へずれる場合を「脊椎すべり症」といいます。
ひどい場合にはおしりや腿裏、ふくらはぎ、足などがしびれる坐骨神経痛を引き起こします。

コルセットで負担をやわらげたり、痛みが激しい場合には手術が行われます。

 

その他腰痛関連情報

筋肉疲労からくる腰痛

ぎっくり腰

変形性脊髄症

椎間板ヘルニア

脊椎分離症

骨粗鬆症