腰痛や肩凝りに悩む方の為に

TOP > 腰痛について > 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板は背骨と背骨の間にあり、衝撃をやわらげるクッションの役割を果たしてくれています。
その椎間板が強い圧力により、内側にある髄核が飛び出した状態を椎間板ヘルニアといいます。
20代以降から加齢により椎間板の水分が失われていき、起こりやすくなります。

椎間板が飛び出した痛みや、神経を圧迫することで坐骨神経痛の原因となり、太ももやふくらはぎ、足にしびれ・痛みが起こります。

治療法としては、コルセットを用い患部の負担を減らしたり、神経ブロックで痛みを和らげたり、骨盤を引っ張ることで椎骨間の隙間を広げヘルニアの進行を抑える牽引療法などの「保存両方」を行います。

保存療法で改善されず、日常生活に支障をきたす場合には、脱出したヘルニアを切除・摘出する「ラブ法」などの手術が行われます。

 

その他腰痛関連情報

筋肉疲労からくる腰痛

ぎっくり腰

変形性脊髄症

椎間板ヘルニア

脊椎分離症

骨粗鬆症