腰痛や肩凝りに悩む方の為に

TOP > 腰痛について > 変形性脊髄症

変形性脊髄症

脊髄にかかる長年の負担により、椎骨に骨のでっぱりが出てきて、脊柱が変形することにより起こります。
加齢とともに発症率が高まり、40代以降から増え始めます。

対策としては

・腰周辺の筋肉をつける
・体重を減らす
・適度な運動を心掛ける
・腰に負担のかからない姿勢を心掛ける

などが挙げられます。

 

その他腰痛関連情報

筋肉疲労からくる腰痛

ぎっくり腰

変形性脊髄症

椎間板ヘルニア

脊椎分離症

骨粗鬆症