腰痛や肩凝りに悩む方の為に

TOP > 腰痛について > ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰というのは分かりやすく言うと、腰の捻挫、肉離れ、スジ違いです。
欧米では「魔女の一撃」と呼ばれる様に、普段では何も問題ない様な動作をしたときに、急に痛くなる様な急性腰痛です。

重い荷物を持ち上げた時、中腰から立ち上がった時、急に振り返った時、スポーツなどの激しい運動などが原因で起きる事が多い様です。

予防法としては、物を持ち上げたり、スポーツをする前などにストレッチ体操などをして、筋肉を伸ばしほぐしておくと良いでしょう。これは腰痛に限ったことではありませんが、筋肉が固い状態で強い筋力を必要とする動きをする事は怪我の原因となってしまいます。
日ごろから筋肉を鍛える事も重要です。
腰痛体操、無理をしない程度の運動などで筋肉を鍛えておきましょう。

もし、ぎっくり腰になった場合には、無理して動いたりせず、前かがみや横になり安静にすると楽になる場合があります。ただし、腰の痛みが悪化したり、椎間板ヘルニアが原因などの場合には手術が必要になるケースもあるので、その様な場合には早めに整形外科医に診察を受ける事が大切です。

 

その他腰痛関連情報

筋肉疲労からくる腰痛

ぎっくり腰

変形性脊髄症

椎間板ヘルニア

脊椎分離症

骨粗鬆症